サバイバルゲームでは虫対策が必須!意外なあいつも要注意

サバイバルゲームでは虫対策が必須!意外なあいつも要注意
Pocket

サバイバルゲームって屋外や森の中でプレイするイメージがあるのではないでしょうか?

屋内で遊べる施設もありますが、外の方が開放的でいいですよね?

 

しかし外でサバイバルゲームをすると、虫に襲われて嫌な思いをすることが多いです。

チームメイトや他のチームのサバゲーマーもダニや蚊、蜂に襲われたという話をよく聞きます。

そこで実際にサバイバルゲーマーが実践していることや気を付けていること見て対処法を知っていきましょう!

Advertisement

サバイバルゲーマーの天敵!蚊の対策は?

私生活でも身近である蚊は皆さんがご存じの嫌な虫ですね。

サバイバルゲームを屋外でプレイしていると、どうしても蚊が寄ってきてしまいます。

 

特に夏などは蚊との闘いと言っても過言ではないかもしれませんね。

 

蚊もダニと同様に感染症を引き起こす個体が稀にいるそうです。

蚊は、人の体温(熱)、二酸化炭素(吐く息)、水蒸気(汗、呼吸等)に反応してやってくることが多いと言われています。

 

なので、汗をかいたりした後はタオルなどで体をふき取り、制汗スプレーなどが簡単な対処法になります。

 

蚊を寄せ付けないグッズは数多く販売されていますので、そちらを使うのがお手軽でいいですね。

蚊に刺された時の対処法

蚊に刺された時はなるべく早く虫刺されに効く薬を塗り絆創膏などで患部を悪化しないように保護しましょう。

腫れが酷い場合は保冷剤をタオルなどで包みそれを患部に当てて冷やしましょう。

意外に見落としがちで怖いダニの対策は

まず、ダニはどういう虫なのかを説明します!

ダニと聞いたらどんな虫を想像しますか?

 

私はダニと聞いたら布団とかにいるイメージが強く、小さすぎて見えない蜘蛛のような形をした虫と想像していました。

まさか外にもいるとは思っていませんでした。実際に思っている形とは異なっていて気持ちの悪い虫でした。

 

ネットで画像検索をすればすぐにでてきます。苦手な方もいると思うのでこちらではイラストで対応しますがこんなに可愛らしいものではないです。

 

吸血昆虫の吸血は「刺す」ことによる。つまり、口吻が針状であり、これを血管に直接刺し入れることで吸血を行うのである。

対してマダニの吸血は「噛む」ことによる。マダニの口器は鋏のような形状をしており、これにより皮膚を切り裂く。さらに、口下片と呼ばれるギザギザの歯を刺し入れて、宿主と連結し、皮下に形成された血液プールから血液を摂取するということがネットに掲載されていました。

実際にサバイバルゲーム仲間にはマダニに噛まれたことがある人も多いです。

噛まれた瞬間に注射された時とほとんど同じ痛みを感じたと言います。「あ、やばいと」思い痛みの感じた部位を見ると…

 

腕にダニが刺さったような状態になっていました。

 

@画像はこちら(苦手な方は注意)

 

想像しただけで気持ち悪いです…

 

ダニへの対策は肌を露出した服装をしないに限ります、あわせて噛まれてしまったときの対処法も知っておきましょう!

ダニに噛まれた時の対処法

ダニに噛まれた時は無理に引き抜こうとするとダニの頭が皮膚に残ったままになり余計状況が悪化することになります。

噛まれた時はダニを刺激しないようにして、皮膚科に受診しましょう。

 

なぜダニをそのまま引き抜けないかといいますと、ダニは噛みついて数分経つとセメントのような物質を吐き出して固まるので簡単に引き抜けなくなるだけでなく、稀に感染症を引き起こす個体がいます。

 

感染症の持ったダニをそのまま引き抜いて頭や牙が体内に残ったままになると重症熱性血小板減少症候群などの感染症を引き起こす可能性がでてきてしまいます。

実際にダニに噛まれて病気になり取り返しのつかないことになったことがあったそうです。

実際に感染症によって起こる症状は色々あります。早めに病院にいくことが大事ですね。

Advertisement

出会ったら恐怖!蜂対策について

私生活でもよく出会う蜂、もちろんサバゲー中でも蜂に襲われることは珍しいことではありません。

山以外にも巣を作るようになってきており、家の軒下や建物の隙間などに作ることもありますので、いつどのタイミングで襲われるかわかりません。

襲われた場合は基本的に慌てずに蜂が飛んで行くのを待ちましょう。

体に止まってしまって刺そうとしていたら急いで払いのけて建物があれば逃げましょう。

蜂は黒い物に攻撃するという性格なので、山に行く時などはなるべく明るい色を着ていくのが理想です。

 

サバゲーだと黒っぽい迷彩服も多いので、難しいところですね。

蜂が怖くて白っぽい服を着ていればカッコウの的になってしまいますし、では蜂に刺された時の対処法を知っていれば少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

蜂に刺された時の対処法

蜂に刺された時の対処法は、刺してきた蜂の種類によって対処が変わりますが、例でスズメバチに刺されたということで説明していきます。

スズメバチに刺された時の感覚は人それぞれ違うとは思いますが、近所のおばさんが刺された時にどんな感覚だったかを聞いたのですが、まるでハンマーで殴られたかのような痛みだったそうです。

 

ゾッとしますよね。

 

刺された患部は腫れあがりジンジンと痛みそのまま対処しないとアナフェラキシーショックになり最悪の場合死に至るそうです。

刺されたらまず患部に穴が開いていると思うので毒素を搾り取り患部を冷やしましょう。

冷やしている間に救急車を呼ぶか、近場に病院があればすぐに受診しましょう。

 

サバイバルゲーム中に襲われた場合、撃退するのではなくその場から蜂を刺激しないように離れましょう。

その後は運営している人にどこで蜂に襲われたのかを説明して、その後のゲームに支障が出ないように対処してもらいましょう!

Advertisement

サバイバルゲーマー実践者が虫対策で気を付けていること

サバイバルゲーマーが実践していることをまとめますと、まずは服装についてですが、ダニや蚊に襲われるのは山などで遊んでいると当たり前のように襲ってきますので、皮膚を露出しないようにすることを意識してます。

露出している部分はタオルで隠したり、虫よけスプレーをして対処しています。

とにかくダニは皮膚に付着させないようにしなければいけませんので隙間を作らないようにするのが良いです。

靴の周りや帽子などにも虫よけスプレーなどを吹きかけるのも効果的です!

気を付けていることは、ゲームに集中しすぎるとその辺の対処も遅れますので周りをよく見るのと、チームメイトや他のサバゲーマーさんにもダニを見つけたら注意をするようにするということで被害に遭うことが少なくなるはずです。

ちょっとした不注意で嫌な思いをしてしまったらつまらないですよね?

楽しく遊ぶには必要な知識を身に付けて安心して遊びましょう!

サバイバルゲームカテゴリの最新記事