宮原知子が全日本で回転不足を見逃された疑惑とは?

宮原知子が全日本で回転不足を見逃された疑惑とは?
Pocket

ノービス時代から期待され、ジュニア時代から才能を見せ全日本ジュニア2連覇、全日本4連覇をした日本のエース。

オリンピックでも4位という素晴らしい成績を残した選手。

 

そんな宮原知子選手が全日本で回転不足を見逃された疑惑があります。

 

本当なのでしょうか。調べてみました。

Advertisement

宮原知子が全日本で回転不足を見逃されたってどういう事?

それは2017年の全日本選手権。この大会は、オリンピックの最終選考会でもあるとても大事な試合です。

 

女子のオリンピックの切符は二つ。この時の全日本女子は有力選手が数人いて、さらに選手間のレベル差もそこまでなかったのです。

 

 

そんな中での厳しい戦い。

 

 

少しのミスも許されない。

 

 

宮原選手はSP2位で1位の坂本花織とは0.13点差。0.13点差なんて誤差。フリーいい演技した方が優勝です。

 

宮原選手、ジャンプは全て降りた。彼女は回転がいつもきわどい。回ったか回っていかわかりにくい。

 

 

何度もスローで見たくなるレベル。

 

判定は、回転不足1個だけのほぼパーフェクトの演技。少し気になったフリップもアテンションもエッジエラーも無し。

 

その後最終滑走で滑った坂本選手は最初の3F-3Tの3Tが回転不足でした。あとはルッツのアテンション。

 

 

坂本選手は高さと幅があるダイナミックはジャンプが得意な選手。

 

坂本選手が回転不足で、宮原選手は回転不足ではないのはおかしいと言われています。

 

宮原選手は低空ジャンプですがとにかく回転が早い選手。目視でもその速さすぐわかるレベル。跳ぶのと同時にまわっている。いわゆるプレロテです。

 

プレロテとは?

ジャンプを跳ぶ前の体制から、実際に離氷するまでに、必要とされる準備(プレ)、回転(ローテーション)のこと。

坂本選手は跳んでから回り(プレロテではない)回転も宮原選手程速く回らない為、回転不足を取られたのかと思います。

 

跳んでから回るのが一番いいけれど、プレロテがルール上問題ないなら仕方がないかと思いますね。

Advertisement

宮原知子選手の全日本での回転不足について他の選手たちやツイッターではどうとらえているの?

ツイッターではやはり納得ができないという意見が多数ありました。

 

「この採点はここ数年の中で一番の疑惑の採点なんじゃ」
「いや、坂本さんの点数よりも宮原さんの点数かな 説明するべきは」
「宮原さんの点数が高いのはまずは1位を確定させてあとは調整できるように…と見られても仕方ない」
「宮原さんが回転不足取られないの何でかな。誰か教えて。」

宮原選手のジャンプより、坂本選手のジャンプの方が上という方がほとんどですね。確かに見た目だけなら坂本選手の方がジャンプはいいですよね。

 

高さと幅がありますし。

 

私もこの時坂本選手の回転不足には驚きました。坂本選手が回転不足取られるなら他の選手だって取られまくるのでは?と。

 

しかしルッツがアテンションはむしろ優しいなと思いました。ツイッターの内容はツイートのアドレスを添付していただけると助かります。

Advertisement

宮原知子選手の全日本での回転不足疑惑についてまとめ

確かにジャンプだけ見ると坂本選手の方がダイナミックで、宮原選手の点数が出過ぎと思うかもしれません。

 

しかしフィギュアスケートというものはジャンプだけではありません。技術点というのはスピンとステップも入ります。

 

宮原選手はスピンがとても美しい。

 

特にビールマンは日本のトップ選手で誰よりも美しいでしょう。あんな綺麗な形で回転が早いビールマンなかなかいませんね。

 

演技構成も他の選手と全然違う。指先まで使える選手他にいるでしょうか。

 

坂本選手はまだスピンもうまくないし指先の使い方も正直ジュニア上りという感じが否定できませんでした。

 

 

宮原選手の課題はジャンプだと思います。

 

ちょっと軸が崩れると、回転不足をもらってしまいます。しかし軸が多少崩れてもこけない事も結構ありますよね。

 

宮原選手は演技力・スピン・ステップいいところがたくさんあります。私は彼女の総合力の高さと、指先まで演技をしている所がすごく好きです。

これからも素晴らしい演技も今後期待したいです。

 

関連記事

宮原知子の衣装は子供っぽい?ツイッターでの反応は?

宮原知子の衣装2019年の評判は?2018年と比較は?宮原知子の動画、全日本選手権2018の感想と見どころ!

宮原知子カテゴリの最新記事