【残業】仕事ばかりの生活は何のために働いているのか?【100時間/月】

【残業】仕事ばかりの生活は何のために働いているのか?【100時間/月】
Pocket

 

なにやら政府が残業を月100時間未満にとどめるという方針を示したそうです。

 

まず、思うのが

 

100時間って長くない?

 

ってところですね。

 

一体毎日平均で何時間残業していたら100時間に達するのでしょうか?

簡単に計算してみましょう。

 

ある月(30日)の出勤日数を

 

仮に22日とします。(土日は休み)

 

100÷22=4.54554・・・・・

≒4時間33分

 

すごいな・・・

 

仮に出勤時間が8:00~17:00だとして

残業が終わるのが・・・

 

21:30分

性格には端数があるので22時の日もあるわけですね。

 

私は通勤に1時間ほどかかるところで働かせてもらっているので

 

自宅を出るのが7:00

 

帰宅が22:30

 

になるわけです。

 

 




帰ってお風呂に入って、晩御飯を食べて。

気が付けばもう0時ですね。

もう何もできない。寝るしかない。

 

こんな生活1年中続けるのは大変すぎると思います。

 

 

しかし、今回の残業の上限の設定には条件があります。

 

【但し、繁忙期に限る】

 

だ、そうです。

「わが社は一年中繁忙期じゃー!」

とかいう社長でなければ、年に長くて2~3カ月くらいでしょうか?

 

残業は80時間/月が過労死のデッドライン

 

という話もあります。

命を懸けて仕事に臨むなんて事が

美徳とされている部分もあるかも知れませんが

 

実際死んでしまってはなにもなりません。

 

幸い、私は月の残業時間が40時間を超えたことはありません。

それなりに仕事をさせてもらっています。

 

しかし、それでも週末には疲れがたまり

ささいなミスをしてしまったり・・・と

不甲斐ない仕事っぷりの中

 

月100時間を当たり前のように

過ごしてきた人がいたということに

驚きが隠せません。



残業の原則は【月45時間・年360時間】までとなっています。

これを超える場合は

 

2~6カ月の平均で80時間

1カ月の最大は100時間

年間720時間まで

 

また月に45時間を超える残業は年間で最大6カ月

 

と色々細かく規定が決まってきているようです。

 

これを長いととらえるか

短くなったととらえるか

 

いいことだと思うか

それは困ると思うか

 

人それぞれだとは思いますが

 

どうかみなさまが一生懸命に働いて稼いだお金を

自分自身のご褒美や

ご家族や、大切な人のために

使える自由な時間をもってほしいと思います。

眠りに悩んでいるならまず枕を変えてみませんか?

嫌な肩こりから解放される

癒されるまくらはこちらから

時間についてカテゴリの最新記事