個性ってなんだろうと思った話。

NO IMAGE
Pocket

先日ドラマをちらっとだけ見たときに思ったことです。

セリフにて

 

「~

~~(忘れた)~~~~、それが僕の個性です」

 

みたいな事を聞いた時に

「なんか違うなー」

と思ったので纏めてみました。

 

【そもそも個性とは?】

日本では往々にして肯定的な意味で用いられるが、本来は存在する上での差異を指しているだけに、必ずしも有益であったりするものばかりではない。

 

個人あるいは個々の事物において、それを特徴づけ、他と区別するような性質。性格。「—が強い性格」

 

Wikipediaより抜粋

 

前に「無個性」が問題視されているような話も聞いたことがありますが

十人十色という言葉のように個性なんてわざわざ考えなくても

みんなが持っているような気もします。

 

なぜわざわざ個性を主張する必要があるのでしょうか?

 

【個性って大事?】

され、個性的になりたい(人と違って特別でありたい)

という気持ちは往々にしてあるとは思います。

しかし、例えば友人から人を紹介されるとして

 

友人「今度紹介する人、とっても個性的な人だよ!」

 

と、言われてたらなんか不安になったりしませんか?

 

人より堂々といえるほどほめられるところがない

しかし、普通とは言えない

 

そんな中途半端な人な感じがしてしまいます。

 

個性は自分から主張したり、人から言われるものでもないような気がします。

 

とりあえず、簡単にまとめますと

私は個性はその人の「こだわり」だと考えています。

 

決められたルールやマナーの範囲の中で(ここ大事)何にこだわるのか?

 

まず、人は社会の中で生きていくものです。

人と全くかかわらずに生きていくことはできません。

無人島で完全自給自足で暮らすのであれば話は別ですが・・・

 

社会で生きていく中で私たちは大なり小なり色々な選択を迫られます

例えば外食に出かけるだけでも

どこのお店に行くのか

お店に着いたら何を注文するのか

それだって選択です。

 

その選択の中で

無難な所を選ぶのか

未知の物を選ぶのか

それだって人それぞれ違うでしょう、違いは個性の一つです。

安定を選ぶのか、挑戦を選ぶのか。

どちらが正しいのかは誰だって言えません。

選んだ本人が正しかったか間違っていたか、後で考えるくらいでしょう。

 

私はこの選択するに当たって自分がなにを基準にしているか

それを把握しておくことが大事なのかなと考えています。

 

ただ、漠然とその場の思い付きで選ぶのではなく

自分の中の基準というか優先順位を先に決めておいて選択をする

 

それの積み重ねがこだわりとなりその人を形容する個性になっていくのではないだろうか

あ、法律とかルールは守りましょうね。

 

長くなった上にグダグダになってきたので

また纏まった頃お話ししたいと思います。

 

思いついたことはとりあえずやってみる

駄目だったらその時、その時で修正すればいい

それが私の行動基準であり、個性です。

無鉄砲、単純バカともいわれます。

 

眠りに悩んでいるならまず枕を変えてみませんか?

嫌な肩こりから解放される

癒されるまくらはこちらから

思うこと・備忘録カテゴリの最新記事