悩んでしまって行動できない?何のために行動するの?

悩んでしまって行動できない?何のために行動するの?
Pocket

その昔、会社の後輩君の相談事を受けたときに

適当にメモに書いてたものが出てきたのでその話を・・・

 

彼は派遣社員でしたが、社内でなかなか認めてもらえず

自分が何をやったらいいのか分からなくなってしまい

ただただ悩み続けてしまっていました。

 

そんな時に話した内容を軽くまとめてみました。




悩んでしまって行動できない


 

行動に移せないって人の多くは

なるべく効率的にやりたい

と、考えていることが多くあると思います。

 

まぁ、それは誰だって最小限の努力で結果は出したいものです。

しかし、その考え方が一番の枷になってしまっていることに

なかなか気づけないものです。

 

「もっといい方法があるはずだ・・・」

と、考え続けてしまって

たとえ最上級の答えを見つけたとしても

「いやいや、もっといい方法が・・・」

と、考えて行動しない。

 

何もしなければ、0点でしかありません。

たとえどんなに無駄が多いやり方であっても

やりさえすれば30点くらいのものはできるはずです

 

何か結果さえ出れば、そこから改善案を出すことができますが

何もしなければ何から手をつけていけばすら分かりません。

 

これは私の経験則からなんですが

迷ったときはやりたくない方が正解

と、思う事が多いです。

 

どんな陳腐な考えでも行動することが最善の答えだと思います。

 

まず行動するとはいうけど・・・


 

行動する、やってみる

口で言うのは簡単ですね。分かります

 

「できたら苦労しねーよ」

なんて言葉が聞こえてきそうです。

 

行動しようとは思うんだけど、なんかしっくりこない

どこか納得できない部分があるから行動にうつれない

 

そう感じるときは、考えの根底から見つめなおしてみるのが

いいのかもしれませんよ?

 

何をするか?より何をしたいか


 

例えば、意中の人にメールをしたいと考えていたとして

「なんてメールを送ろうか・・・」

と、悩む事ってあると思います。

 

あーでもない、こーでもないと考えて

結果、当たり障りのないメールを送って

特に何も進展がなく終わってしまう。

 

心あたりがありすぎて泣けてくる・・・

 

ここで、ちょっとだけ

「なんのためにメールを送るのか?」

と、考えてみるとどんな事が思いつきますか?

 

例えば、意中の人と仲良くなりたいからメールする

って事を念頭に考えると、メールの内容も考え易くなると思います。

 

相手の好きなことを聞いてみたり

自分が面白いって思った事を共有してほしいって思ったり

 

そう考えて送ったメールなら

相手の方にも気持ちは届きそうじゃないですか?




何のために?と掘り下げて考える


 

なかなか行動することができない時は

心のどこかで

「やだなー、やりたくないなー」って気持ちが

勝ってしまっているのではないでしょうか?

 

勉強なんて分かりやすいですね。

いつか〇〇になる!っていう明確な目標を持っていると

すすんで勉学に励むことができますが、

 

勉強やらなきゃなー

程度の気持ちでいるとはっきり言ってやらない

もしくはギリギリOKの分しかやらない

 

目的が「楽したい」って事になっているからです。

 

できる事からやってみる


 

行動することが億劫になってしまっていて

いざやり始めてもすぐにやめてしまう。

 

そんな時は大抵無理な目標を立ててしまっていることがあります。

 

夏までに〇〇Kg痩せたいから

毎日10Km走る!

なんていきなり目標にしても続きませんね?

(続く人もいるかもしれませんが)

 

まずは、やればできる事だけど

今までやってきていなかった事から始めるのがいいと思います。

 

無理に頑張る必要はありません。

新しく何かを始める

それだけだって十分頑張っているって事なのですから。

できなくたっていい


 

もし、何か新しい事を始めようとして

上手くいかなくたっていいじゃないですか。

 

何かを始めようとして行動して

ただ、それだけのことが大事なんです。

 

世の中、思うだけで行動しない人の方が多いのです。

その中でもあなたは行動に移すことができた

今回は、ちょっとやり方が悪かっただけ

 

きっと、その経験は次に何かをするときに生かせるでしょう。

今回、あなたは挑戦することができた

 

それが何よりの成功だと私は思いますよ。

 

後輩君の場合


 

冒頭で話した後輩君は

「もっと人に頼られたい」っていう相談から始まりました。

 

彼はそのために、自分がまだやったことの無い仕事を

どんどん仕事くれ、仕事くれと頼み込んでいました。

 

結果、自分のキャパシティを超えてミスが増えてきてしまっていて

思うような結果が出ていませんでした。

 

話を聞くことで、まずは自分ができる事を確実にこなすように

するように話をしました。

 

こう言ってしまえば、ごくごく当たり前の事のようですが

当の本人はもっと仕事を増やす事しか考えれなかったので

泥沼にはまりかけていましたね。

 

今、仕事なりなんなりで上手くいかない人

なかなか行動に移せない人は

まずは自分の目標を見直す事を考えてみるのはどうでしょうか?

 

時間についてカテゴリの最新記事