三日坊主にならないための、目標設定の仕方。

三日坊主にならないための、目標設定の仕方。
Pocket

こんにちは、高野です。

祖父の3回忌も無事に終わり

来週は資格試験のため

毎日バタバタとしてます。

 

みなさんはお花見など行きましたでしょうか?

今年はあいにくの天気でしたねー

来年はゆっくりとお花見を満喫したいと思います。

 




 

今日は友人と話をしているときにでた

目標設定について少し思うことを書いてきます。

 

目標の設定で誤りがあると

その後のやる気とか達成率とかに

多大な影響がでるので慎重に考えていきたいですね。

 

目次

目標設定の基準


まずは達成したい目標があると思います。

例えば

「〇〇までに○○kg痩せたい」

「〇〇円の売り上げを達成したい」

 

とかですね。

 

その目標を達成するために色々努力を重ねて

目標を達成できればいいのですが、

結構、途中で挫折してしまうことってありませんか?

 

俗にいう三日坊主ってやつですね。

 

 

 

なぜ、三日坊主になってしまうのか?


人間というものは、結果がすぐに欲しい生き物です。

目標を達成するまでの期間が長ければ

長いほど挫折しやすくなってしまいます。

 

では、どうすればいいのか?

答えは「すぐに結果が出る目標をたてる」

そして「やれば確実にこなせる目標をたてる」

って事が大事なのではないのでしょうか?

 

目標を立てるコツと続けるコツ


この目標を立てる際に大事なことがあります、

それは

自分の力だけで達成できる事

にしなければなりません。

 

先ほど例にあげた「売り上げを達成したい」

という目標はお客様次第によって結果が変わって来てしまいます。

 

他人の意思やタイミングや運で結果が変わる目標は

達成しても達成し続けることは難しくなります。

 

たまたま達成できなかった事が続いてしまって

心が折れてしまうのは大変もったいないことなので

なるべく自分のなかだけで完結する形にしていきましょう。

 

例えば学生の方でしたら

× 「今度のテストでは平均〇〇点をとるぞ」

〇 「今度のテストまでに問題集を〇冊やるぞ」

 

みたいな感じですね。

 

他人にとらわれる事無く自分の意思だけで達成できれば

続けることもできていきます。

 

思うように結果が出ないと

なかなか人は耐えられないものですからね。

 

続けるコツとしては

結果を目に見える形にする

って事も大事です。

 

目標を1日で完結するところまで落とし込んで

達成できたらカレンダーに〇をする。 とか

 

クリアしていくべき目標を書き出しておいて

クリアしたら×マークとか「済」って書くとか

 

とにかく自分自身ががんばった証を

残しておくことが、そのごのやる気につながります。

 

まとめ


色々書きましたが、

最初の目標(最終目標)は大きく持ちましょう。

他の人から「無理でしょ」って言われるくらいがちょうどいいです

 

そこから毎日毎日ちょっとづつ

目標を達成していきましょう。

 

そして、たまには最終目標に近づいているのかな?

と確認しつつ、

自分が進んでいる日々の目標にずれがないかを

チェックして、進みましょう。

 

きっと気づいた時には

「無理でしょ」と言われていた目標が

「いけるんじゃないか?」となり

知らない間に手の届く距離になっていくことでしょう。

 

どんな事を目指しても必ず言われることは

続ける事

自分自身の甘えと不安に負けずに

日々成長していくことを祈っています。

 

よかったからこの記事もどうぞ

↓  ↓  ↓

【1日1%の成長だと1年でどれくらいになるのか?】

 

 

思うこと・備忘録カテゴリの最新記事