嵐解散!?きっかけは大野くん?活動休止は2020年末!

嵐解散!?きっかけは大野くん?活動休止は2020年末!
Pocket

 

嵐の活動休止がが2019年1月27日にファンクラブサイトにて発表されました。

以前より嵐には解散の話が上がっていたりもしていましたが、今回活動休止となった経緯とはいったいなんなのでしょうか?

そしてネット上ではみんなはどのような反応をしているのでしょうか?

Advertisement

■嵐の解散のきざしはあった?年末の櫻井さんの衝撃発言

嵐の解散話は昨年2018年12月24日のクリスマスイブにて「日刊ゲンダイ」の報道で一度話にあがったのが記憶に新しいです。

そこでは嵐のメンバー櫻井翔さんが学生時代の友人と飲み会で

「もう嵐は解散する!」

「1月以降はスケジュールも入ってない!」

と、爆弾発言をしたということでした。

櫻井さんは酔うとはっちゃけて悪い冗談を言うこともあるということなので、この時はみんなビックリしましたが

実際には2019年の12月25日までのツアーの予定は入っているのでガセだったとわかります。

しかし、冗談としてもこの解散のネタがでてくるというのは

櫻井さんの中に「解散するかも」という意識がどこかにあったのかもしれません。

それは今回の活動休止報告の前触れだったのかもしれませんね。

ファンの方はなかなか受け入れらえないのだと思います。

Advertisement

■嵐は解散ではなく活動休止?動画での報告

今回の嵐の報告は「解散」ではなく「活動休止」となっています。

嵐は最初有料のファンクラブサイトにて5人で動画を公開して報告しています。

その報告はこちらで見ることができます。

緊急会見でははっきり「解散ではない」と発言されています。

Advertisement

■活動休止の理由は年齢が関係している?

先日のVS嵐のOPトークではメンバーの櫻井翔さんが誕生日ということで年齢が話題に上がりました。

先日解散したSMAPも、現在活動中のTOKIOも年齢層が上がってきているなか、ジャニーズでは若いメンバーのグループも多くが活動しています。

平成最後の紅白ではTOKIOも落選し、逆に新しくKing & Princeが出場していたりと、若手の活動の機会が増えてきているように感じています。

紅白に出場したジャニーズグループは以下の5組でした。

嵐(10)、
関ジャニ∞(7)、
Sexy Zone(6)、
Hey! Say! JUMP(2)
King & Prince (初)
()内は出場回数

嵐のメンバーは交代で紅白の白組の司会を務めています。

すでに司会を務めているのは、

平成28年 相葉雅紀さん
平成29年 二宮和也さん
平成30年 櫻井翔さん

あと、松本潤さんと大野智さんが司会を務めれば、ちょうど活動休止の2020年が終わりになります。

紅白の司会をまわして嵐としての活動が一応の最後になるのかもしれませんね。

Advertisement

■嵐の活動休止の理由にはメンバーの不仲説もある?

実は嵐には不仲説もあがっていました。

二宮和也さんと松本潤さんは一触即発になるほどの犬猿の仲だったいううわさも上がっています。松本さんが「もっとすごい存在になりたい」という意識を二宮さんが好きになれないという報道がありましたが、私はそれで嫌いになるほどのことなのかな?と疑問に思ってしまいますね。

逆に、酔いつぶれてしまっトイレn駆け込んだ二宮さんを松本さんが追いかけていって、指を口に入れて吐かせてあげたというエビソードがありあます。

これはなかなかできることじゃないですよね!私だったら背中をさすってあげることがせいぜいでしょう。

よっぽど心配して信頼関係がないとできないことじゃないかな?と思います。

嵐の不仲説については相葉さんも

「気持ちの整理をつけるには時間がかかりましたが、今は納得しています!決して仲が悪くなった訳ではありません」

とはっきり否定しています。

活動休止になったきっかけは大野さんが

「2020年を区切りに、ここで一度嵐をたたみ、それぞれの道を歩んでもいいのではないか」

という提案があったとされています。

「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」

という大野さんの願望を聞き、メンバーと相談した結果、解散ではなく活動休止ということに落ち着いたと言います。

メンバー5人の意見で一致していたのが「嵐の活動は5人でしかありえない!」とのことでした。

一人でも欠けたら嵐ではないという思いからは、メンバーの不仲は感じられませんね。

実は嵐は2017年の6月頃からすでにメンバー全員で個別に、また会社を交えながら話し合いを繰り返していたといいます。

みんなで悩んで苦しんだ結果として「一度お休みさせていただき、メンバーそれぞれの人生を歩んでいく」という答えにいきついたといいますが、なかなかファンには受け入れ難いようです。

 

二宮さんは以前「嵐は民主主義」「誰かひとりがやりたくない事はやらない」とはっきり言っています。
今回の活動休止の話が上がってきたときもこの嵐のルールどおりに話たのでしょうか?

全員が納得するまで話ができていたらいいですよね。

一部報道では、嵐の不仲が理由で解散(活動休止)するのを「大野さんのわがままとして全責任を負った」という意見もありましたが、嵐のメンバーの不仲説はあいまいなものが多く、仲の良いエピソードが多くあがっていますし、ガセの可能性が高いのではないかな?と感じますね。

大野さんがメンバー全員の事を考えて、あえて「自分は自由な生活をしてみたい」と自分の意見を通したように発表したとしたら男気が溢れすぎててカッコいいと感じてしまいました。

Advertisement

■嵐の活動休止を知ったファンの反応

ツイッターを見てみると多くのファンが「解散」ではなく「活動休止」であることに安心したとコメントしています。

自身を大切にしつつファンの事を思いやる嵐としての在り方が見えたような気もします、そういうったところが嵐の人気だったんでしょうね。

Advertisement

■嵐の活動休止報告のまとめ

SMAPが解散し、TOKIOがメンバーを減らし、次は嵐が活動休止となりました。

いままで最前線で活躍してきた嵐もメンバー個人個人の活動がメインになっていくのだと思います。

ファンとしては「嵐」としての活動が見れないのはさみしいかぎりですが、個人での活躍は今後も見れていきますし、いつか多くの経験を積んた嵐メンバーがあらためて活動再開してくれるのを楽しみにしていくのもいいかもしれませんね。

まとめます。

・嵐としての活動は2020年3月31日で一度活動を休止する。

・解散ではなく活動休止である。

・メンバーの不仲が理由ではない。

とは言っても活動休止まで後2年ほどあります、もしかしたら活動継続するかもしれませんしファンとしては精いっぱい応援していきたいですね。

カテゴリの最新記事