ボツリヌス症とはちみつ 気を付けるポイントとは

ボツリヌス症とはちみつ 気を付けるポイントとは
Pocket

東京都足立区にて生後6カ月の男の子が

離乳食として与えられたはちみつが原因とみられる

【ボツリヌス症】で死亡したという事件がありました。

 

これを聞いて

 

「はちみつって駄目なの!?」

って思った方も多いと思います。

私もその中の一人です。

 

知っている人からしたら常識らしいです・・・

 

しかし、知らない人からしたら

「はちみつは栄養がたっぷり入っているから」

「甘いし子供がすきそうだから」

と与えてしまいそうですね。気持ちはわかります。

 

今回の事件ははちみつが原因と言われていますが

そもそも【ボツリヌス症】とはなんなのでしょうか?

【はちみつ】との因果関係とは・・・

 

 




 

 

 

目次

 そもそもボツリヌス症とは

.

ボツリヌス症(ボツリヌス中毒)とはボツリヌス菌が生み出す毒素

によっておこる食中毒で、

摂食後、8~36時間で吐き気、嘔吐、視力障害、など

神経症状が現れるのが特徴

重症例では呼吸麻痺により死亡することもある。

 

また、1歳未満の乳児は特に症状が変わり

便秘が数日間続き、全身の筋肉が低下、授乳力の低下

筋肉が弛緩することによる麻痺症状が特徴

 

 

と、軽く調べてみただけでやばいやつです

しかし感染源は保存食や発酵食品などがあげられているので

熱には弱いようです。

 

加熱の目安としては「120℃4分」あるいは「100℃6分」以上

で完全に死滅されるようです。

食品を食べる直前に加熱することも効果的でしょう。

 

 ボツリヌス症とはちみつの関係

.

今回、感染源としてあげられた「はちみつ」は

加熱調理などはされていませんね。

 

っていうかはちみつは加熱しては駄目です。

はちみつを加熱すると

ビタミンB1,B2B6,C,パントテン酸、葉酸、ナイアシン

などの成分の一部が失われ

本来の栄養素、ビタミンとしての働きを失ってしまうようです

 

はちみつにもこのボツリヌス菌がわずかながら

入ってしまっているようです

普段から加熱するようなものではないですし

1歳を超えているのであれば腸内環境が整っているので

大丈夫なようです。

 

「とにかく1歳未満の子供にはちみつは与えない」

 

ってことだけは覚えてほしいですね。

 

 

 まとめ

.

このボツリヌス菌のだす、ボツリヌス毒素(ボツリヌストキシン)は

毒性が非常に強く

わずか500gで全人類を滅ぼすことができる

と、考えられていたそうです。

こんな恐ろしい物から身を守るために守るべきことは

 

などなど・・・

 

生食でおいしいものは色々ありますが

なるべく火を通して食べる事

特にお子さんには安全なものを食べさせてあげたいですね。

 

今回、私はこの「ボツリヌス菌」について全くの無知でしたが

せっかくこうしてネットで情報を仕入れられる世の中なので

子供に上げるもの一つにしても

ちゃんと調べてからにしないといけないなーと思います。

 

TV・ニュース よりカテゴリの最新記事